もうすぐお昼の12時。やっぱり夫は寝ています。

お金に困っているはずの我が家の夫は寝ています。もうすぐお昼です。起きて仕事をしようとか、起きて稼ごうとか、起きて嫁にお金を渡せるように頑張るぞ!!とか起きて起きて・・・とはならないようで、なんせ寝ています。

 

3ヶ月で30万を支払い1キロの減量に7.5万円をかけた貧乏のくせにセレブなジム通いが終わり、すでにリバウンド気味のお腹でお昼寝中です。

 NewImage

スポンサーリンク

生後6ヶ月の赤ちゃん並みの睡眠力

夫も小さな小さなお店がオープンしたての頃は、毎日お店に通い夜遅くまで仕事をし徹夜で頑張り、もちろん痩せていてかっこよかったんですけどね。ここ数年は、ほとんど家、家、家、二度寝、昼寝、夕寝、夜寝、本寝。24時間の半分はベットの上だもん。

 

そりゃぁ。無理だよなぁ。これでお金稼げてたら幸せでしかない。徹夜しろとまでは言わないけど、せめてもう少し働こうよ。

生後6ヶ月の赤ちゃん並みの睡眠力にまじ脱帽です。

無力な38歳の専業主婦でしかない

しかし、夫にマジ脱帽!とかいいつつ妻である私なんて1円も稼げてませんからね。それもそれでどーーーーなのよって気持ちもあるんでけどね。 22歳でろくに仕事もしたことないまま結婚し、専業主婦のまま38歳。

 

私が働ける場所がこの世にあるとはとてもとても思えない。

 

どーにか働けたとしても和気あいいあいで楽しい職場なんて想像ができるわけがなく、怒られてる姿しか想像できない。

 

で、仕事に疲れて料理する気がおきなくてお惣菜を買って帰る、ストレスでお酒の量が増える、パートで稼いだお金はすべて消える。っていうなんのために働いてるのかわからない地獄絵図しか浮かばず、やっぱり私はお金を使わず家でひっそりと過ごしたほうがいいという答えに落ち着くんですけどね。

しかしやっぱりお金は欲しので、今から夫のお腹でもつついて仕事でもしてもらいましょっかね。やれやれです。。。