2018年9月13日にノボテル沖繩那覇がオープンします。

 

以前、老舗ホテルだった都ホテルが全面改修して、フランスに拠点を置くあのアコーンホテルズの上級ブランドチェーンとして、日本では国内はじめてのホテルです。

 

スポンサーリンク

ノボテル沖繩那覇は高級感のあるシティリゾートホテルなので、子連れ旅行には不向き??

 

2018 08 27 06 55 38
出典:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/167519/167519.html

 

 

ノボテル沖縄那覇は子連れ旅行におすすめのホテルです。

 

なんと5歳以下の子どもは宿泊費が無料。


子供が楽しめるインフィニティープールやその横にはバーベキューテラスもあります。

 

ノボテル沖縄那覇が子連れ旅行におすすめな理由


小学生以下の子供は宿泊代が無料?!

5歳以下の子どもで食事と寝具なしのプランを選べば宿泊費は無料です。

残念ながら、5歳以上の子供料金の設定は今のところないので、5歳以上は大人と同額の宿泊代になります。

 

ノボテル沖縄那覇のプールで子どもは大はしゃぎ?!

ノボテル沖縄那覇には那覇の町並みを一望できる自慢のインフィニティープールがあります。

夜にはナイトプールとしても営業しているので大人も楽しめそうですね。

また子ども用のプールもあるので、安心して遊ぶことができます。

プールで子供とたくさん遊んだあとはバーベキュー?!


NewImage

 

那覇を一望できるインフィニティープールの隣にバーベキューテラスがあります。

子供とたくさんプールで遊んだあとにバーベキューができるなんて最高ですね。

バーベキューテラスの営業時間は18:00~22:00までです。結構、遅い時間まで営業しているのは嬉しいです。

 

 

ルームサービスも充実している?!

 

子どもが遊んで疲れているときや部屋でゆっくり過ごしたい時は、ルームサービスを使って部屋でごはんを食べるのもいいですよね。

ルームサービスのメニューはまだ公開されていませんが、ノボテル沖縄那覇は料理に力をいれているのでルームサービスも期待できます。

 

ホテル内にコンビニも?!

ホテル内にファミリーマートがあります。

営業時間は6:00~翌1:00と24時間営業ではありませんが、子どもにおやつを買ったり、気軽に夜食が購入できるのは嬉しいですね。

 

フィットネスジムが宿泊者は無料で使える?!

NewImage

出典:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/167519/CUSTOM/GW167519180725093441.html

 

年齢制限があり16歳以上しか使用できませんが、無料でフィットネスジムが使えるのはいいですね。

旅行中は食べ過ぎるので気軽に運動ができるのはとても嬉しいです。

ノボテル沖縄那覇までのアクセスは?!

住所

〒902-0062沖縄県那覇市松川40番地
交通アクセス

那覇空港から車で約25分、ゆいレール安里駅よりタクシーで約5分/徒歩約20分 駐車場 有り(1泊1台1,000円) ※事前予約不可

 

沖縄の旅行はレンタカーでの移動が定番ですが、那覇市内であればゆいレールやタクシーを使って旅行をすることができます。

沖縄での子連れでレンタカーを借りるときのポイントをまとめているので、レンタカーで旅行するなら読んでくださいね。

初心者運転でも大丈夫。沖縄の高速道路が安心して運転できる3つの理由

 

ノボテル沖縄那覇なら子供と歩いて観光できる?!

ノボテル沖縄那覇は立地がいいので、那覇市内のたくさんの観光地に子供と遊びに行くことができます。

ノボテル沖縄那覇の周辺で子供と歩いて観光できるところをいくつか調べてみました。

NewImage

※写真提供:OCVB


 

首里城公園

琉球王国の栄華を物語る世界遺産琉球王国の政治、外交、文化の中心地として威容を誇った首里城。1945年の沖縄戦で灰燼に帰した首里城は、1992年、沖縄の本土復帰20周年を記念して復元され、国営公園として公開されました。また、中国と日本の築城文化を融合した独特の建築様式や石組み技術には高い文化的・歴史的な価値があるとされ、首里城は2000年12月に、日本で11番目の世界遺産として登録されました。鮮やかな朱色に彩られたその姿は、王国の歴史、文化の息吹を伝える雄姿であり、沖縄のシンボルそのものといえるでしょ う。 ▷ ホテルより車で約3分 距離1.2Km

 

沖縄の旅行で定番の人気観光地、首里城公園に歩いていくことができます。

日本のお城とは違う色彩豊かな首里城に子供はビックリするはずです。

NewImage

※写真提供:OCVB

 

壷屋やちむん通り

 やちむんとは、沖縄の言葉で焼きもののこと。約330年前、琉球王府が各地に散らばっていた陶工を壺屋に集めたのが、壺屋焼の歴史のはじまりです。スージグヮー(路地)や石畳、石垣、赤瓦の屋敷、ウガンジュ(拝所)など、昔ながらの面影を残す通りに、技を受け継ぐ窯元、やちむん・シーサーの販売店、骨董店、飲食店が軒を連ねています。 ▷ ホテルより車で約11分 距離2.4km 

人気の高い沖縄の焼きものの窯元や食器のお店がたくさん並んでいるとおりです。

ホテルから歩くには遠すぎるので乗り物で移動することになりますが、子供と一緒にやちむん通りで食器を選べば素敵な旅の思い出になりますよ。

 

 

首里琉染

沖縄の伝統文化「紅型」。戦後その質の低下が指摘された中、 染色人の先代山岡古都が、紅型の将来を案じ染色文化の発展を目的とした研究所「首里琉染」を古都首里に設立、何千色もの植物染色を研究し、紅型の染色の質に大きく寄与しました。山岡古都が考案した「サンゴ 染」は首里琉染でしか作ることができない染物として、国内外より注目されています。工房では染物体験も行っています。 ▷ ホテルより車で約2分 距離650m 住所 沖縄県那覇市首里山川町1丁目54 電話番号 098-886-1131 営業時間 9時〜5時 サンゴ染め体験(Tシャツ・スカーフ・ふろしき・エコバッグ、要予約)=大人3240円、小人2700円/紅型染め体験=大人3000円、小学生以下2500円

 首里琉染ではサンゴ染体験や紋型染めが体験できたり購入することもできます。

体験するには予約が必要なので忘れないようにしましょう。

ノボテル沖繩那覇のキッズクラブは充実している?!

ホテル内に子どもを預けられるキッズクラブもあります。オープン前なのでキッズクラブの料金やプログラムの内容はまだ発表されていないので、参考までに海外のノボテルホテルのキッズクラブを調べてみました。

ノボテルプーケットカロンアンドスパのキッズクラブ

食事とアクティビティがセット(キッズメニューの食事とスムージー&ソフトドリンク、キッズクラブの利用、有料アクティビティを1種類)で1日299B++で利用できるキッズプログラムもあります。これにはノボテルの会員(無料登録)になることが必要です。 その他、キッズピザ作り教室、ピカチュが参加するポケモンクッキング教室、プールサイドレストランで毎晩上映される子供向け映画(時期により上映日は変更)、親子で参加できるムエタイ教室などがあります。キッズクラブ前にはウォータースライダーがあるプールもあります。

299バーツは日本円にすると1200円程度なので、安い値段でキッズクラブに参加することができます。

営業期間は朝の8時から夜の9時までなので、子供は寝るまで楽しく遊ぶことができます。

ノボテル ベノア バリのキッズクラブの料金と内容

利用料金:無料(以下のプログラムのみ有料。バードウオッチング/20ドル、ウォーターボムパーク/15ドル、Underwater World/9ドル)

利用時間:9時30分〜22時(ランチタイム12〜13時、ディナータイム18〜19時30分はクローズ)

対象年齢:5〜12才

利用者の傾向:フランス人、オーストラリア人、アジア系

プログラム:ゲーム、お話、映画&アニメ鑑賞、モビール作り、スノーケリング講習

人気プログラム:水泳、宝探しなど

バリのノボテルホテルは無料でたくさんのキッズプログラムが用意されています。

沖縄のノボテルホテルのキッズクラブにも期待できそう?!

ここで少し悲しいお知らせになります。ノボテル沖縄那覇のキッズクラブの部屋は、海外のノボテルホテルと比べると小さめで子供が遊ぶオモチャも小さい子ども用のものでした。

小学生以上の子どもが楽しめるとは思えないので、小さな子ども向けのキッズクラブとして営業するのかもしれません。

沖繩には海外からの旅行客が多いので、キッズクラブに参加すれば海外の子供とコミニケーションをとる貴重な体験ができるのはいいですね。

先日、沖繩の恩納村にオープンしたハイアットリージェンシーには子供が参加できるハイアットキャンプがあります。

たのしいキッズプログラムがたくさん用意されているので、ハイアットリージェンシー瀬良垣も子連れ旅行におすすめですよ。

ハイアットリージェンシー瀬良垣のキャンプハイアットがおすすめ。今なら宿泊費50%オフもやっています。

ノボテル沖縄那覇が子連れ旅行におすすめな理由をまとめてみました

  •  5歳以下の子供の宿泊費が無料
  • 子供が安心して遊べるプールがある
  • プール横にバーベキューテラスがある
  • ルームサービスが充実している
  • ホテル内にコンビニがある 
  • ホテルから歩いて観光することができる
  • 子どもを預けることができるキッズクラブがある

ノボテル沖縄那覇は子連れ旅行におすすめです。

ただ5歳以上の子供の宿泊費が大人と同額なところは残念ですね。子供プールやキッズクラブは小さい子ども向けで小学生以上の子供がホテルで遊ぶには物足りません。

子どもが大人と同額の宿泊代を払うと旅費も高くなってしまいます。沖縄には他にもたくさん子供料金設定のあるホテルがあるので、調べてみるのもいいと思いますよ。

 

私が夏休みに子連れ旅行で泊まったムーンビーチホテルは子供も親も楽しく過ごすことができたので、ムーンビーチホテルの旅行記も読んでみてくださいね。

ムーンビーチホテルは子供の楽園だった。無人島のヨウ島で楽しく過ごす沖縄子連れ旅行に行ってきました。

プールも大浴場もついているのに宿泊費が安い子連れ旅行におすすめな グランビューガーデン沖縄に子連れで泊まった旅行記もあります。

グランビューガーデン沖縄をオススメする3つのポイント

家族にあったホテルを選んで楽しい沖縄旅行になるといいですね。

   

ノボテル沖縄那覇(2018.9/13 GRAND OPEN)