キッザニア甲子園は小学生の子供であれば1人でも遊ぶことができます。

 

ただ、小学生低学年の子供をキッザニアにおいていくのは少し心配ですよね。 

 

NewImage

 

小学生の子供が困ることなく、1人でキッザニア甲子園を楽しむには持ち物が1番重要になってきます。

 

今日はキッザニア甲子園で子供が持っておくと便利なものを紹介します。

 

キッザニアの中でこれさえ持っていれば、親も安心して買い物やご飯に行けますよ。

スポンサーリンク

キッザニアで困らない!持っていくと便利なもの7選

 

 

ショルダーバッグやリュック

キッザニア甲子園の中で子供が動き回っても自分のものを管理できるように、子供はショルダーバッグかリュックで入場すると便利です。


エコバックやジップロック

子供がキッザニアの中でお仕事をすると、お仕事で作った作品や食べ物で荷物が増えていきます。 その時に用意しておくと便利なのが、増えた荷物を入れることができるエコバッグと食べ物を入れることができるジップロックやスーパーの袋です。


飲み物は水筒かペットボトル

 

キッザニア甲子園は飲食物の持ち込みが禁止ですが、水筒とペットボトルは持ち込めるので用意しておくといいですね。 もしも飲み物を忘れた場合でもキッザニア内に冷水機は設置されているので大丈夫そうです。


ペン

 

キッザニア甲子園に入場して子供が銀行で口座開設すると財布がもらえます。 全員が同じ財布なので区別がつかないのでペンを用意しておくと名前もかけて便利です。 財布に名前を書くのをお子さんが嫌がることもあるので、念のためにお気に入りのカンバッチやシール、ストラップを用意しておいてもいいですね。


クリアファイル

 

キッザニア甲子園で子供がお仕事をすると証書をもらえます。 初めてのキッザニアでもらった証書が家に帰ってシワシワになってるのは悲しいですよね。 クリアファイルがあるとかさばることもなく証書を持って帰ることができます。


ハンカチ、ティッシュ

 

ハンカチとティッシュはキッザニアではなくても、持っておいてほしいですよね。 子供が持つのを嫌がってもバッグにねじ込んでおきましょう。


携帯ゲームや本

 

営業時間前に並ぶ時や子供が予約したお仕事の時間まで暇なときに使えます。 ただキッザニアで子供が1人で遊ぶ場合、高価な携帯ゲームを紛失でもされたら悲しい思い出になってしまいます。 そんなことにならないように、落書きぐらいができる筆記用具とメモ帳、折り紙や本なんかを持っていくことをオススメします。

 親が持っていくと便利なもの

キッザニア甲子園では土日や夏休みの営業時間前に並ぶことは当たり前です。

 

営業時間前に並ぶなら敷物、レジャーシートがあると便利です。軽い折りたたみのイスもいいですね。

 

レジャーシートやイスは入場すれば邪魔になるので、コインロッカーを使うといいです。

 

キッザニア甲子園のある、ららぽーとには無料のコインロッカーもありますよ。

これさえ用意すれば、楽しくキッザニア甲子園で遊ぶことができます。

たくさんのお仕事を予約していっぱい体験してくださいね。 

 

1F パークウォークコート「URBAN RESEARCH DOORS」横
 小型:縦30cm×横35cm×奥行き42cm 大型:縦80cm×横30cm×奥行き42cm
2F フードコート横
 小型:縦30cm×横35cm×奥行き42cm

※1F パークウォークコート出入口と、ピンウィールコート出入口間の外通路沿いは有料となります。

 
 
 
 
NewImage