先日、高校生の息子の三者面談でした。

息子が中学に入学した頃から、成績は下の中あたりで三者面談で良いことを言われたことがなかったので、高校の成績がドンべ〜に下がったとて、三者面談に行くのが平気になってる母ちゃんです。

なんなら、こんなハッピーな日傘でもさして先生に会いに行きたいぐらいです。

こんな顔して先生の前に座りたいぐらいです。

今はアホな息子でも小学生の時は賢い子供でした。

スポンサーリンク

NewImage

小学生までは勉強しなくても成績はオール二重丸で賢い子だと思ってたんですけどね。

今の高校では後ろを振り向けば6人。

後ろから数えてたったの7番目の成績。真逆の意味での神7。

学校のトップ10に入るアホになってしまいました。

アホでも稼いでくれたらいいじゃない。

そんなトップ10の息子が夢中になっているのがユーチューブに動画をあげることです。

友達とネットゲームをしている動画を編集してユーチューブに投稿しています。

息子の動画を見てもなにが面白いのか母ちゃんは全くわかりませんが、息子はこの動画で1日数百円稼いでるんです。

母親までもがユーチューブに初参戦!!   息子が動画をユーチューブに投稿しているのが、バイオレンスホラーのゲームなので、友達とゲームをしてる時の息子の声がキャーキャーうるさいんです。

この間はあまりにもうるさいので、「うるさい!! もっと静かにできないのっっっ!!」っと怒鳴り込みにいったら、私の声も編集されてユーチューブに投稿されたようで、母ちゃんもユーチューブ初参戦となりました。